夏の間に使う薬|ストロングハートを通販で買おう!イヌをフィラリアから守る薬の話

夏の間に使う薬

色んな種類の薬

ストロングハートで予防できるフィラリアという病気は、蚊が運んでくる糸状虫という寄生虫が犬の血管内で大きくなり、そのことによって血管が「梗塞」つまりふさがれてしまう状態になることで健康を害するという病気です。糸状虫は血管内に注入されたあと、血液の流れに乗って移動し、犬の心臓や肺といった重要な臓器の近くに座を占めることがあります。そのような場所で大きくなり、血管をふさぐサイズになられてしまうと、犬の基本的な生命活動にも支障が及ぶことになってしまいます。実際、「ウチの犬、元気がないな」と思っているうちにどんどん衰弱して最終的には死んでしまい、調べてみると心臓の血管が糸状虫によってふさがれていた……などというケースも過去には珍しくありませんでした。
というわけで、蚊が出る時期は通販でしっかりストロングハートを購入し、予防に努めましょう。通販で買えるストロングハートには、糸状虫をマヒ状態に追いやって死滅させる効果があるイベルメクチンという成分が含まれています。この成分は1ヶ月間、犬の体内にとどまって糸状虫を発見次第駆除していくので、毎月1錠ずつストロングハートを与えて、継続的に予防をしてあげるのがベストといえます。
とはいえ、1年12ヶ月ずっとあげる必要はありません。蚊が出ている時期があぶないので、真夏を中心とした5月から10月あたりまでの約6ヶ月、あげる感じで行きましょう。つまり通販では6ヶ月分、6錠のストロングハートを購入すれば1年分のフィラリア予防が可能になるということです。
が、幸運なことに通販で販売されているストロングハートは1箱で6錠入っているので、1箱だけ注文すれば十分、ということになります。